JR広島駅・紙屋町(宇品港行広電電車)→「海岸通」電停下車

  JR広島駅から⑤(比治山経由広島港行)、八丁掘・紙屋町から①(宇品港行)の電車にお乗りください。

  電車の標準所要時間30~35分ですが、待ち時間、移動時間を考慮し、約1時間前を目安に広島駅、バスセンターにご到着ください。

  電車は、市内均一料金160円を下車時にお支払いください。

  定期船の乗船場所は、宇品港ではなく、市営桟橋です。終点「宇品港」の2つ手前「海岸通」で下車してください。

「海岸通」電停→広島市営桟橋→金輪島行定期船10(一部プリンスホテル経由15)

  「海岸通」電停下車後、真直ぐ電車の進行方向へ徒歩3分、突当たりの建物(広島海上ビル)の中を抜け、直接、金輪島行定期船にご乗船ください。料金220円は乗船時に船内でお支払いください。

  市営桟橋発(7:15 7:50 9:10 10:00 12:00 13:30 15:00 16:30 18:00 19:00 20:00 20:40)

金輪島発 (7:00 7:35 8:30 9:40 11:30 12:30 14:30 15:50 17:25 18:30 19:30 20:20)112往復です。

ただし、年末年始(12/311/3)、お盆(8/148/16)、広島みなと夢花火大会開催日は、時間が変更になります。

「海岸通」電停で下車し、南(電車の進行方向)を向くとこんな景色です。横断歩道は、進行方向左手のみです。そのまま真っ直ぐ南へお進みください。

広島南道路の高架をくぐると「広島海上ビル」が見えてきます。この建物の中を抜け、海に浮かぶ桟橋を目指します。

 

この広島海上ビルの中には、売店、待合所、トイレがあります。お友達との待ち合わせにも適しています。たばこ販売もしていますので、買い忘れがないかチェックしてみてください。

自転車の方は、このビルの脇を通り抜けると自転車置き場があります。

桟橋の中ほどに、金輪島行き定期船乗り場があります。直接乗り込み、料金220円は船内で支払います。出発直前に、船長が回収に回ります。

 

船の後ろが金輪島です。たぶん、船の操舵室左の黒いミラー横の砂浜あたり(島の西側)に土龍はあります。定期船は、ぐるりと回り込んで、島の東側に着きます。 

 

 

金輪島桟橋→現地 徒歩10

下船後、山裾の道を右方向に真直ぐ3分程進み、左手に見えるトンネルを抜け、出て直ぐ右手、中央の道(右端の道は原爆慰霊碑、山頂へ)を緩やかに下ると直ぐ左手に見えてきます。

 

船から降りて、金輪島に上陸すると、こんな景色です。真っ直ぐにお進みください。

突き当りの赤いポストのところを右に折れ、この道を直進します。

200mほど進むと、金輪島トンネルが見えてきます。このトンネルを抜けます。

 

1日数回しか車は通りませんので、トンネルの中で歌うと…いい感じです。夏は、天然クーラーです。夜は黄金色のライトアップです。夏には、たまに、タヌキのうんちくんがありますので、お気を付けください。

 

考えてみると、車がほとんど通らないトンネルって、結構珍しいのかなぁと・・・。ここで、いつか、ゲリラライブなんかやってみたいです。ライブのあと、お客様が帰る時間に先回りして、さりげなく路上っぽく歌っているとか・・・どんな天然エコーになるか、音源としても興味があります。

 

1月下旬の晴れた日の夕方、5時過ぎくらいですか・・・夕日がトンネルの中に真っ直ぐ差し込み、100m以上の長い人の影がトンネルの中に伸びる光景も必見です。

 

トンネルを出ると、こんな景色です。画像中央のガードレールに沿って坂道を下ったら、すぐに、ライブハウス土龍(もぐら)が見えてきます。

 

余談ですが、右手のガードレールに沿って、坂を上ると、数分で「原爆慰霊碑」へ、表示看板があります。夏は蚊が多いです。

 

そのまま、原爆慰霊碑を過ぎ、真っ直ぐ進むと、足元が悪く、滑りやすい場所もありますが、竹林を抜けて、島の北側の民家があるエリアに出ます。海沿いの道をぐるっと回って、金輪島トンネルに戻ります。計測したわけではありませんが、多分1.2~1.5Km程度、30分から1時間の散歩コースです。

100mほどで、ライブハウス土龍(もぐら)が見えてきます。中央の建物の向こう側が入口です。

お疲れさまでした。到着です。下駄箱に下足を入れ、室内にあるスリッパにお履き替えください。

Googleストリートビューを導入しましたので矢印をクリックして散策してみてください!


 

公共交通機関でご来島ください。やむを得ず、お車でお越しの場合、市営広島港桟橋駐車場、県営宇品波止場公園駐車場等をご利用ください。定期船は、車、自転車でのご乗船はできませんので、ご注意ください。